前へ
次へ

行政書士の仕事について

行政書士は法律に関する専門職のひとつで、市区町村などの官公庁に提出する各種書類の作成を担当する権限を有します。独自の用語を使用する行政書類は素人には作成が難しく、行政書士のニーズは非常に大きいといえます。行政書士として仕事を行うためには、試験に合格するほか、弁護士や司法書士といった上級の法律事務を行う専門家も実務を行うことができるとされています。さらに、国や地方公共団体の職員として行政書類を作成してきた経歴を持つ人も資格を有する者とみなされることになっており、公務員が定年退職後に就業する場合も少なくないようです。特に実際に実務を担当していた方は仕事の処理能力も信頼性も高いということができます。

top用置換

top用置換2
Page Top